珈琲タイム

新子花ごよみ #50


晶子の涙わたしの涙何変わろ   新子

 

 

 

今年は与謝野晶子の生誕140年。

ただいま神奈川近代文学館では

特別展「生誕140年 与謝野晶子展 〜こよひ逢う人みなうつくしき」を

開催中です。

http://www.kanabun.or.jp/

 

さて晶子といえば新子。

さかのぼって約半世紀前、

句集『新子』を手にした国文学者・吉田精一はこう評しました。

 

 ひょっとすると、時実新子の句集『新子』は、

 与謝野晶子の『乱れ髪』のようなもった意義を

 川柳史の上に占めるかもしれない。

 

その後『有夫恋』が異例のベストセラーになり

大胆に情念を詠む作風から

「川柳界の与謝野晶子」と称されました。

没後10年以上を経てなお

メディアが新子を紹介する際にはこのフレーズが用いられ

今さらながらに新子登場時のインパクト、

また与謝野晶子のゆるぎない存在感を思います。

 

実際、新子自身も晶子の作品や生き方に

共鳴していたのでしょう。

他にもこんな作品を詠んでいます。

 

 晶子曼荼羅子らの寝顔に責められる

 愛ありて晶子に百首屏風あり

 

(『時実新子全句集』/大巧社)


わくわく川柳ワークショップ

 

こちら実家のアーモンドの花。

もう、ちょっと散りかけで

神戸では桜が咲き始めました。

 

ところで過日、

俳人・朝倉晴美さんが立ち上げられた勉強会

「雲雀丘サロン」にお声をかけていただき

川柳のワークショップを開催しました。

その名も「わくわく川柳ワークショップ」です。

講師のパートナーは川柳仲間の小原由佳さん。

和室の会場で俳人と川柳人、膝詰めで?、

虫食い川柳や、出句無制限の印象吟を楽しみました。

 

印象吟のお題は、雑踏に鯰出現のユニークな絵。

「え、これ見て作るんですか」

「印象吟なんてはじめてで」

と、ちょっぴり不安げな方々も

ゴングが鳴るや、カリカリスルスルーと

鉛筆が走る走る。

 

  あの空からやってきたんだ大鯰  栄子

  信号の黄の点滅に飛花落花    早苗

  この髭を引けば世界がまた動く  ゆず

  

書くほどに得られる解放感とカタルシスに

「これハマるなあ・・!」

なんてコメントを真に受けて

さっそく次なる企画を画策中です。


新子花ごよみ #49


桜しんと 男と女あるばかり   新子

 

 

 

今日は時実新子の命日。

没後11年になります。

 

ふとご夫君、曽我六郎さんの

こんなつぶやきを思い出しました。

「新子は言うんだ。

 結局のところ、人生は男と女だって」

 

川柳大学の編集長でもあった曽我氏。

まさに博覧強記で座談の名手。

編集室のコーヒータイムでも

大いに楽しませてくださいましたが

ある日スタッフに

「あんたたちに一番大切なものって何?」

え?

「ぼくは・・自由、だね」

 

人生は男と女だとする妻。

自由こそ一番という夫。

愛と自由は矛盾だらけの不即不離か、なんて。

 

写真は今週、大阪造幣局で撮った一枚です。

通り抜けはまだまだ先ですが

一番桜はもう咲いていました。

 

(『時実新子全句集』/大巧社)


野郎ぶったくり

 

 

2月20日、俳人 金子兜太さん逝去。

メディアでも大きく報じられました。

「俳句界に新風を吹き込み、

 90歳を過ぎても現役で活躍し続けた

 現代俳句協会名誉会長」。

そして若い頃から川柳にも親しまれ、

時実新子ともゆかり深い方でした。

 

そう、「川柳大学」創刊号(1996年2月)にも

いきなりご登場なんですよ。

新子の対談企画「こんにちは新子です」の

第1回ゲストが金子兜太さんでした。

その対談にこんなくだりがあります。

 

 兜太 それよりも、もっと時実さんの

    “野郎ぶったくり”の話をしましょう。

    その方が面白い(笑)。

 

 新子 その“野郎ぶったくり”って何ですか、先生。

 

 兜太 関東の方言ですかね。

    バサッとやる。

    じくじくじめじめしないでスカッとやる。

    多少下品かも知れんが小気味のいい言葉ですよ。

    ペーソスもあるしね。

 

 新子 じゃあ先生のお作の

    〈長城足下養蜂家族がいるわいるわ〉や

    〈木曽のなあ木曽の炭馬並び糞(ま)る〉

    などもその部類ですかしら。面白い。

 

翌日にNHKのBS俳句大会の

スタジオ選者をひかえたお二人の対談。

場所は東京クレストンホテルのレストラン。

ともに注文は「紫蘇とトマトのスパ」。

 

 兜太 ぼくは人間が好きで俳句へ入った。

    時実さんは川柳へ行った。

    それだけのことでね。

    本質は同じですよ。

 

記事の冒頭にはツーショットが掲載され

兜太さん76歳、新子66歳の

やわらかい笑顔が並んでいます。

ちなみにカメラマンは安藤まどかさん。

 

 新子 今日はどうもありがとうございました。

 

 兜太 こちらこそ楽しい時間をありがとうござんした。

    まどかさん、写真ごくろうさんでした。

    写っておればよろしいからね。

    ハッハッハ。おやすみなさい。

 

お目にかかったこともないのに

豪快な笑い声が聞こえてきそうです。

 

  白梅や老子無心の旅に住む   兜太  


キラッと川柳♪

管理人からのお知らせです♪

4月からNHKカルチャー西宮ガーデンズ教室(兵庫)で

新しい川柳講座がスタートします。

 

「キラッと川柳 〜こころを詠む〜」

 毎月第4火曜 10:30〜12:30

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1138606.html

 

鑑賞と実作で、川柳の魅力を深くたっぷり楽しみます。

初心の方もどうぞ。

 


時実新子コーナー新設

神戸文学館で時実新子コーナーが新設されました♪

 

 川柳作家・時実新子の『川柳大学』創刊号や直筆原稿(複製)、写真などの

 資料を集めた「時実新子コーナー」を常設展示スペースに新設しました。

 昨年の特別展の際に置いていた「新子日録」のコピーもご覧いただけます。

                       (神戸文学館HPより)

http://www.kobebungakukan.jp/#museum-letter

 

また同館にて下記イベントが開催されます。

ふるってご参加ください。

*******************

 

【月の子忌 時実新子を読む】

 

句集「有夫恋」がベストセラーになった、

川柳作家でエッセイストの時実新子(1929年1月23日〜2007年3月10日)。

川柳界の第一人者であり、長年、神戸新聞文芸の川柳壇選者としても活躍しました。

作家生活は50年以上、いまなお、読まれ続けている新子の名句を鑑賞します。
時実新子作品を毎年5年区切りで読み返すコーナーでは、

伝統や革新の川柳結社等のグループを離れて

フリー宣言した1970〜74年を取り上げます。

 

講師/八上桐子(川柳人、神戸新聞文芸川柳壇選者)
   妹尾 凛(川柳人)

 

◆と き 2017年3月3日(土) 午後2時〜3時半

◆ところ 神戸文学館

◆申込み・問い合わせ先 

 神戸文学館(tel : 078−882−2028)

 https://www.kobe-np.co.jp/info/bungakukan/

◆定 員 50名(先着順)

◆参加費 200円

 

土用サロン開催に合わせて「いま、こころに響く新子句」を募集します。

当日、冊子にして参加者に(応募者にも)進呈します。

あなたの心に響く新子の川柳を1句とコメント(50字以内)をお送りください。

senryuso@yahoo.co.jp へ。

締め切りは2月15日。


新子花ごよみ #48


離婚前王手王手の詰将棋   新子

 

 

 

藤井聡太五段や羽生善治さんの国民栄誉賞受賞など

明るく華やかな話題が続く棋界です。

おりしもバレンタイン。

昨日のニュースによれば

「藤井聡太五段らにチョコレートを直接、

 手渡すのはやめてほしい」

なんて日本将棋連盟が異例のお願いを出したそうで。
 

ところで時実新子も将棋でこんな1句を詠んでいます。

いやもうこちらはバレンタインどころか

「離婚前」なんでありますが、

名人戦もかくやの息詰まる指し手に

思わず見入ってしまいます。

 

 

(『時実新子全句集』/大巧社)


70年、110年、300年

川柳誌各誌の新年号。

巻頭言にはそれぞれ今年の抱負が語られています。

 

昨年に引き続き、

今年大きな節目を迎える柳社がいくつか。

たとえば新潟の「柳都」は創刊70年。

主幹の大野風柳さんは20歳で柳都川柳社を創設、

以来70年を走り続け、先日90歳になられました。

大阪では「番傘川柳本社創立110年」。

こちらは磯野いさむ名誉主幹100歳のお祝いも兼ねて

秋に全国川柳大会が開催されます。

 

と、昨日届いた神戸発の「現代川柳」1月号。

こちらはご存じ、元「川柳大学」編集長の

故・曽我六郎氏が立ち上げられ

今年創刊10年を迎えるとのこと。

 

そして今年は柄井川柳生誕300年の年でもあります。

さまざまな歴史が交差しながら

その先端の「今」にいる私たち。

さあ、どんな川柳を書きましょうか。


あなたがいるから、わたしも光る

平昌オリンピックまでいよいよあとひと月。

連日、各競技の代表選手が発表され

応援ムードもヒートアップしていますね。

 

ところでちょっとさかのぼって。

昨年12月27日付の神戸新聞朝刊1面に

こんなコラムが掲載されました。

書き出しに新子句が引かれています。

 

 

 川柳作家、時実新子さんを代表する句に

 <君は日の子われは月の子顔上げよ>

 がある。太陽のごときあなたがいて、

 わたしは月のように美しく輝く―

 燃えるような恋心をうたっているのだが、

 時としてこの句は切磋琢磨でお互いを

 高め合うライバル関係にも当てはまる気がする。

 あなたがいるから、わたしも光る。

 この場合はどちらも太陽であり月でもあろう。

 

そしてフィギュアスケート女子の代表を競った

坂本花織選手と三原舞依選手を紹介。

2人は同じ神戸出身で、

「かけがえのない親友で、ライバルだという」。

 

決戦の全日本選手権。

管理人もテレビ観戦してました。

五輪代表には坂本選手が選ばれましたが、

三原選手も大健闘。

ほんと、2人の切磋琢磨はまだまだこれから

どんなドラマを紡いでいくのか。

 

さて冒頭の新子句を受けて

コラムはこうエールを送ります。

 

 坂本さんの今季のショートプログラムは

 ベートーベンの「月光」だった。

 銀盤を月のように美しく照らして

 ―と大舞台が輝く君を待っている。

 


新子花ごよみ #47


犬走れ使いに走れ愛走れ   新子

 

 

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

戌年。そして平成30年。

来年に向けて、平成という時代の

カウントダウンが始まりました。

未来を見すえながら、来し方を振り返る

というと、ふとかつてのミレニアム・フィーバーが

よぎったりもします。

 

さても年頭、なんとも頼もしい犬に登場してもらいました。

みなさまにとって

愛にあふれた一年でありますように。

 

 

(句集『愛走れ』 時実新子/角川春樹事務所)


<< | 2/34PAGES | >>

プロフィール


芳賀博子
元「時実新子の月刊川柳大学」会員
初代管理人・望月こりんさんより引き継ぎ、2014年2月より
担当
http://haga575.com

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

コメント

リンク集

サイト内検索

 

モバイルサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend