珈琲タイム

幻の句集、再び!

神戸文学館でこんな企画展を開催中です。

文学館収蔵の貴重な品々を公開する、

タイトルもずばり「蔵出しアラカルト」。

 

 

といっても新型コロナウイルス感染拡大防止のため

5月末日までは臨時休館中ですが

6月1日(月)より再開、

また本展の会期も6月14日(日)まで延長されるそうです。

(変更がある場合は神戸文学館のHPで告知)

 

さて、そのお宝の中に、

あの『百人一句集』も入っています!

『百人一句集』といえば5年前に管理人が偶然入手、

「幻の句集、見つかる」とメディアでも話題になり

翌年には神戸文学館の特別展で公開されました。

句集には時実新子も参加しています(参照)。

 

その句集、後になんと神戸文学館の「蔵」にも

眠っていたことがわかり、

このたびの展示とあいなったそうです。

 

ということで、休館直前に観にいってきました。

 

壁面に100枚すべてがずらり!

その1枚1枚が本当に美しく、

句にも絵にも、改めて見入ってしまいました。

 

他にもまだまだ

面白く、珍しく、美しい品がいろいろ。

 

 

緊急事態宣言が解除になっても

まだまだ移動には用心せねばならず

遠方からのご来場は難しいかもしれませんが

お近くの方は、ぷらっとぜひ。


ハッピー川柳塾

今日は母の日。

ということで時実新子の母の句をいくつか

みなさんとともに味わいたいと思うのですが、

ちょっとその前に。

こちらは「時実新子のハッピー川柳塾」の

テキストです。

 

 

かつてNHK教育テレビで人気を博した

教養講座シリーズ「趣味悠々」。

その川柳講座の講師を務めたのが時実新子でした。

タイトルはずばり「時実新子のハッピー川柳塾」。

2004年9月から10月まで全8回のオンエアで

司会は落語家の立川志の輔さん。

一般からの生徒さんたちとともに

実践スタイルで進行された、

とてもわかりやすくて楽しい番組だったのですが

初回の題は「母」でした。

テキストには新子の「母」をテーマとした作品から

12句が掲載されています。

 

 母の祈りに私の未来縛られる

 ひと言も言わずに母は粥を煮る

 母の爪はわたくしにそっくり

 母を忘れたひとときは母に似る

 母になるその日初めて雪が降り

 まんまんと水たたえられ母である

 母ならばすぐに笑ってみせましょう

 子を庇うとき一匹の獣たり

 まっすぐに子をみつめる日涙なし

 子が死ねと言った階段おりてゆく

 母の視線がわたくしを不思議がる

 たんねんに見ておく母の顔かたち

 

いかがでしょう。

ちなみに本講座のキャッチフレーズは

「泣いておもしろ、怒っておもしろ、

 とにかくおもしろい」

でした。

でも五七五で泣いて、怒って、

その先にはきっと「ハッピー」が待っている、はず。


愛読者カード

こちらは時実新子の句集『月の子』です。

 

 

川柳を始めて25年の句業から

自選833句が収載されています。

新子句集の中でも『月の子』が一番好き、

というファンも少なくありません。

東京の出版社、たいまつ社の大野進社長が

時実新子を訪ね、運命の出会いを果たしたのが

1978年(昭和53)8月24日。

もうその3か月後には同社より出版された本句集には、

第1句集『新子』や、

後の大ベストセラー『有夫恋』とも違う

パッションがほとばしっている気がします。

 

 サーカスの綱が張られてゆく星空

 静けさよ月光すでに樹と通じ

 窓からの景色一切忘れ給え

 

ところで、管理人が入手した1冊に

たいまつ社の愛読者カードがはさまっていました。

勝手に栞がわりにしていたのですが

先日、句集再読の折、

なにかこれもパッションの一部のような気がして

ここにアップいたしますね。

 

 

裏面にはこんな記載も。

「このハガキをお送りくださった方には、

 毎月二○名様に限り抽選で

 たいまつ新書を一部贈呈しますので

 ご希望の書名をカッコ内にお書きください。」


「現代川柳」第10回川柳大会(誌上句会)のお知らせ

「現代川柳」様より以下のご案内をいただきました。

ふるってご参加ください。

 

********************

 

6月21日に開催予定でありました「現代川柳」第10回川柳大会は

誌上句会に変更となりました。

 

「現代川柳」公式ブログに誌上句会の要項を掲載しております。

会員・誌友以外の方もご参加いただけます。

詳細は以下のリンクよりご確認くださいませ。

みなさまのご参加をお待ちいたしております。

 

https://t.co/LnSz4TzYQw

http://brownycat.blog60.fc2.com/blog-entry-126.html?sp


新子花ごよみ #72

 

何だ何だと大きな月が昇りくる  新子

 

 

 

今週、7日から8日にかけてはスーパームーンが見られました。

大阪の友人から「お月さん、綺麗ですよ」とメールが届き

あ、そうだった!とべランダに出て、しばしお月見。

と、東京の友人からも「いい月だねー」のLINEが。

 

こんな風に、この夜は

月でつながった人たち、多かったみたいですね。

まさに緊急事態宣言が発令されるというタイミングでの

スーパームーン。

この月もまた歴史の記憶となるのでしょうか。

 

掲句は、ご存じ時実新子の代表作のひとつです。

スケール感に加え、

「何だ何だ」のリフレイン、

「大きな」の「おお」の母音で始まる長音も

ゆったりと大らかで

ぜひ音読も楽しんでいただきたい句です。


日本現代詩歌文学館、新年度常設展スタート!

岩手県の日本現代詩歌文学館にて

2020年度の常設展がスタートしました!

 

 

 われ、敗れたり

 ―敗北と失敗、あるいは挫折と復活の詩歌―

 

 会期:2020年3月17日(火)〜2021年3月7日(日)9:00〜17:00

 場所:2階 展示室

 入場料:無料

 展示内容:詩歌人による直筆作品46点。

      エッセイ。インスタレーション ほか

 

 管理人も作品参加しています。

 みなさま、ぜひ。

 

 くわしくはこちら


金曜日の川柳

とってもおしゃれな川柳アンソロジーが出ました!

樋口由紀子さん編著の『金曜日の川柳』

(左右社/1,600円+税)。

 

 

 川柳の三要素「穿ち」「軽み」「おかしみ」と、

 その先へつながる新時代のアンソロジー誕生!

 川柳作家の樋口由紀子が

 時代や流派を超えて読み解いた、珠玉の333句。
 川柳入門に最適な一冊。

        (左右社ウェブサイトより)   

 

時実新子句も収載されています。

ちなみにも拙句も、とPR。

くわしくはこちらまで。


新子花ごよみ #71

 

また春が来る体内の水の音  新子

 

 

 

神戸は雨の「月の子忌」。

時実新子が世を去って13年が経ちました。

 

さて掲句。

「水の音」にみなさんはどんな水、どんな音を

想像されますか。

たとえば体内ではじまった雪解け。

その水がそそぎこむ川のせせらぎとか、

はたまた。

 

いろんなイメージの誘われる1句。

味わいながら自身の体内の水の音にも

耳を澄ませています。

 


新子花ごよみ #70

 

それぞれの役目に雛の指かたち  新子

 

 

 

新型コロナウイルスが猛威をふるい

一体いつになったら

おさまり、終息に向かうのか。

さらにインフルエンザも流行で

各地の小学校や幼稚園では

学級閉鎖も相次いでいるもよう。

それでもご近所さんの女の子は

幼稚園のお友だちと約束した雛まつりを

とっても楽しみにしている様子です。

その先の卒園式も。

さらにその先の入学式も。

 

はやく穏やかな日常が取り戻せるよう

祈るばかり。

とにかくみなさんも

ウイルス対策万全に、

どうぞご自愛ください。


新子花ごよみ #69

 

地図を見る 坂のある町椿の町  新子

 

 

 

 

さてこの町はどこでしょうね。

第1ヒント、坂のある町。

第2ヒント、椿の町。

そして誰を訪おうとしているのでしょうか。

初めて会う人。

あるいはとても懐かしい人かも。

 

いろんなストーリーを想像しつつ

そのいずれにも明るい日差しを感じるのは

「坂のある町椿の町」が

どこか郷愁を誘う

のどかな良き町に思えるから。

 

ともあれ主人公は

いくつかの電車を乗り継ぎ、

もしかしたら船にも乗って

はるばると会いにゆこうとしています。

地図を広げたときから

すでに旅は始まっていますね。


| 1/41PAGES | >>

プロフィール


芳賀博子
元「時実新子の月刊川柳大学」会員
初代管理人・望月こりんさんより引き継ぎ、2014年2月より
担当
http://haga575.com

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

コメント

リンク集

サイト内検索

 

モバイルサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend