珈琲タイム

ガラスの林檎

世の中、実にいろいろと予断を許さない状況が続いています。

 

ふと、書棚に飾っている

ガラスの林檎と目が合いました。

 

 

高さ数センチのペーパーウェイト。

手のひらにころんとのせると

ガラスの持ち重りがしっくりなじみます。

 

実はこれ、ある年の「川柳大学」全国大会の特選の賞品なんです。

というとちょっと自慢めきますが、

特選よりも、この素敵な林檎は確かにちょっと自慢です。

賞品を選んだのは発行人の安藤まどかさん。

 

お洒落なモノが大好きだったまどかさんは

大会の際、賞品や記念品を何にするかにも

いつも楽しく腐心されていて、

そんなまどかさんチョイスの品々は

大会の嬉しいサプライズでもありました。

 

さてもこの林檎。

折にふれ、ふっと目が合い、

しばし見つめているだけで

心が落ち着いてくるようで、不思議フシギです。


コメント
コメントする








    

プロフィール


芳賀博子
元「時実新子の月刊川柳大学」会員
初代管理人・望月こりんさんより引き継ぎ、2014年2月より
担当
http://haga575.com

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

コメント

リンク集

サイト内検索

 

モバイルサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend