珈琲タイム

幻の句集、再び!

神戸文学館でこんな企画展を開催中です。

文学館収蔵の貴重な品々を公開する、

タイトルもずばり「蔵出しアラカルト」。

 

 

といっても新型コロナウイルス感染拡大防止のため

5月末日までは臨時休館中ですが

6月1日(月)より再開、

また本展の会期も6月14日(日)まで延長されるそうです。

(変更がある場合は神戸文学館のHPで告知)

 

さて、そのお宝の中に、

あの『百人一句集』も入っています!

『百人一句集』といえば5年前に管理人が偶然入手、

「幻の句集、見つかる」とメディアでも話題になり

翌年には神戸文学館の特別展で公開されました。

句集には時実新子も参加しています(参照)。

 

その句集、後になんと神戸文学館の「蔵」にも

眠っていたことがわかり、

このたびの展示とあいなったそうです。

 

ということで、休館直前に観にいってきました。

 

壁面に100枚すべてがずらり!

その1枚1枚が本当に美しく、

句にも絵にも、改めて見入ってしまいました。

 

他にもまだまだ

面白く、珍しく、美しい品がいろいろ。

 

 

緊急事態宣言が解除になっても

まだまだ移動には用心せねばならず

遠方からのご来場は難しいかもしれませんが

お近くの方は、ぷらっとぜひ。


コメント
コメントする








    

プロフィール


芳賀博子
元「時実新子の月刊川柳大学」会員
初代管理人・望月こりんさんより引き継ぎ、2014年2月より
担当
http://haga575.com

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

コメント

リンク集

サイト内検索

 

モバイルサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend