珈琲タイム

ハッピー川柳塾

今日は母の日。

ということで時実新子の母の句をいくつか

みなさんとともに味わいたいと思うのですが、

ちょっとその前に。

こちらは「時実新子のハッピー川柳塾」の

テキストです。

 

 

かつてNHK教育テレビで人気を博した

教養講座シリーズ「趣味悠々」。

その川柳講座の講師を務めたのが時実新子でした。

タイトルはずばり「時実新子のハッピー川柳塾」。

2004年9月から10月まで全8回のオンエアで

司会は落語家の立川志の輔さん。

一般からの生徒さんたちとともに

実践スタイルで進行された、

とてもわかりやすくて楽しい番組だったのですが

初回の題は「母」でした。

テキストには新子の「母」をテーマとした作品から

12句が掲載されています。

 

 母の祈りに私の未来縛られる

 ひと言も言わずに母は粥を煮る

 母の爪はわたくしにそっくり

 母を忘れたひとときは母に似る

 母になるその日初めて雪が降り

 まんまんと水たたえられ母である

 母ならばすぐに笑ってみせましょう

 子を庇うとき一匹の獣たり

 まっすぐに子をみつめる日涙なし

 子が死ねと言った階段おりてゆく

 母の視線がわたくしを不思議がる

 たんねんに見ておく母の顔かたち

 

いかがでしょう。

ちなみに本講座のキャッチフレーズは

「泣いておもしろ、怒っておもしろ、

 とにかくおもしろい」

でした。

でも五七五で泣いて、怒って、

その先にはきっと「ハッピー」が待っている、はず。


コメント
コメントする








    

プロフィール


芳賀博子
元「時実新子の月刊川柳大学」会員
初代管理人・望月こりんさんより引き継ぎ、2014年2月より
担当
http://haga575.com

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

コメント

リンク集

サイト内検索

 

モバイルサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend