珈琲タイム

時実新子を読む会

神戸文学館で下記のイベントが開催されます。

ふるってご参加ください。

 

*******************

 

【月の子忌 時実新子を読む】

 

◆と き 2019年3月9日(土) 午後2時〜3時半

◆ところ 神戸文学館

◆講師      八上桐子(川柳人、神戸新聞文芸川柳壇選者)
       妹尾 凛(川柳人)

 

句集「有夫恋」がベストセラーになった

川柳作家でエッセイストの時実新子(1929年1月23日〜2007年3月10日)。

川柳界の第一人者であり、長年、神戸新聞文芸の川柳壇選者としても活躍しました。

作家生活は50年以上、いまなお、読まれ続けている新子の名句を鑑賞します。
時実新子作品を5年区切りで読み返すコーナーでは、

1975(昭和50)年〜1979(昭和54)年(新子46〜50歳)を取り上げます。

『川柳展望』を創刊し、神戸新聞川柳壇の選者になり、

いよいよ新子の時代が大きく花開いた時代です。
土曜サロン開催にあわせて「いま、こころにひびく新子の句」を募集します。

あなたの好きな時実新子の川柳1句とコメント(50字以内)を、

senryuso@yahoo.co.jpまでお送りください。締め切りは2月23日。

送ってくださった方には、「いま、こころにひびく新子の句」を冊子にして進呈します。

土曜サロンの参加者にも配布させていただきます。

 

◆申込み・問い合わせ先 

 神戸文学館(tel : 078−882−2028)

 http://www.kobebungakukan.jp/#museum-salon 

◆定 員 50名(先着順)

◆参加料 200円

 

◆申し込み方法:電話・FAX・はがき・E-mailにて

 「受講名称」「住所」「氏名」「電話番号」をお知らせください。

・電話・FAX:078−882−2028 (水曜日は休館日)

・はがき:〒657‐0838 神戸市灘区王子町3丁目1−2 神戸文学館あて

・E-mail:kobebungakukan@river.ocn.ne.jp

・館内でも申込を受け付けています。

・申し込み後、参加できなくなった時はご連絡ください。


コメント
コメントする








    

プロフィール


芳賀博子
元「時実新子の月刊川柳大学」会員
初代管理人・望月こりんさんより引き継ぎ、2014年2月より
担当
http://haga575.com

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

コメント

リンク集

サイト内検索

 

モバイルサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend