珈琲タイム

美しいラストパス

大阪北部地震から1週間。

連日続報が伝えられるなか、

サッカーワールドカップでの

サムライジャパンの活躍が日本を沸かせています。

 

ところで時さかのぼって2002年。

日韓開催のワールドカップの折、

「川柳大学」ではこんな特集が組まれていました。

タイトルもずばり「サッカーWカップを詠む」です。

 

 

掲載句を少しご紹介しましょう。

 

 トルシエと同じリズムで噛んだガム  清水和子 

 ベッカムのグラビア抱いて美容院   渡辺 梢

 神様もオロオロしてるロスタイム   鑓田郁夫

 

懐かしいですね。トルシエ監督のあのたたずまいや

ベッカムのソフトモヒカン。

それからそう、「ロスタイム」という言葉も

いつから「アディショナルタイム」になったんでしたっけ。

 

 ほどほどの愛国心でサポーター    原口美智江

 サッカーの影に隠れている事件    高田和代

 

はっとして、クールな詠みぶりにうなります。

そしてこんな句にどきり。

 

 愛していると美しいラストパス   重森恒雄

 

ラストパスが見事にキマッた一句です。

 

さて2018年のワールドカップ。

日を追うごとにますます熱を帯び、

川柳子のペンがどうとらえていくかにも注目です。


コメント
コメントする








    

プロフィール


芳賀博子
元「時実新子の月刊川柳大学」会員
初代管理人・望月こりんさんより引き継ぎ、2014年2月より
担当
http://haga575.com

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

コメント

リンク集

サイト内検索

 

モバイルサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend