珈琲タイム

新子日録

神戸文学館の新子展にさりげなく展示されている

カラフルなファイル。

実はこちらもぜひ注目いただきたい資料です。

 

中味は「月刊川柳大学」に毎号連載されていた

「朝礼」(巻頭言)や巻末の日録を、

コピーして綴じたもの。

日録は「学園日記」から「くもち坂覚え書き」、

「新子日録」へとタイトルを変えつつ、

これがもう抜群におもしろいのです。

 

こんな1ページです。

日々の記録や雑感の軽いメモのようで

そこは時実新子のペン。

たとえば2000年3月25日。

「カレンダーに○印があるが何があったか思い出せない。

 思い出せない日は死んだ日だと思うことにする。」

翌月4日。

「郵貯センターの課長と女子職員のお二人来訪、

 一日所長の打合わせ。

 記念切手のミシン目が切り取りにくい、など

 さんざん悪口を言ったあと、出されたお土産が

 『記念切手セット』。舌禍おそるべし、よねえ。

 ついでに言えば〈電話では失礼やって来て邪魔な〉も私の句。」

 

日録もまた本音満載で、

今読んでもウフフタハハと笑える、唸る♪

ご来場の折には、ファイルもぜひお見逃しなく。

 

さて今日は午後から神戸文学館主催のイベント

「万葉集ゆかりの敏馬神社を訪ねて

  〜歴史散歩と川柳講座〜」を楽しみます。

神戸はほんにウォーク&川柳日和です♪


お向かい、お隣りへもどうぞ

 

先週アンコール放送された

「NHK映像ファイル あの人に会いたい〜時実新子さん〜」、

ご覧になりましたか?

時実新子をぎゅっと凝縮した10分間で

こちらにもさっそく反響が届いています。

「先生の笑顔、めっちゃ懐かしかったです♪」

「こんな方だったんですね。声もことばも迫力ありますね」

ほんと、管理人も懐かしく。

映像の中で生き生きと動き、語る先生にドキドキでした。

 

※NHKワールドプレミアムでもオンエア予定です。

 2017年11月22日(水)深夜25:34〜25:44

 

さて写真はただいま神戸文学展で開催中の新子展の1ショット。

こちらも「観る」「読む」展示でいろいろ話題を呼んでいます。

 

ちなみにお向かいの横尾忠則美術館ではちょうど

開館5周年記念展「横尾忠則 HANGA JUNGLE 」を開催中。

http://www.ytmoca.jp/

 

またお隣には神戸が誇る王子動物園があります。

パンダの旦旦(タンタン)もお出迎えしてくれますよ。

http://www.kobe-ojizoo.jp/

 

新子展と組み合わせていただくと、楽しさも倍増!?

でも、くれぐれもあったかくしてお出かけくださいね。


いよいよ神戸の新子展

台風一過二過、

姫路に続き、いよいよ神戸でも時実新子展が始まります。

 

 

神戸文学館特別展

「没後10年 時実新子 ー神戸の風景」

 

 ◆会期/2017年11月10日(金)〜12月24日(日)

 ◆開館時間/平日 午前10時〜午後6時

       土日祝 午前9時〜午後5時

 ◆休館日/毎週水曜日(休日の場合は翌日)

   ◆入場無料

 

ご案内のことばです。

『川柳作家の時実新子が亡くなってから10年がたちました。

 ベストセラー句集「有夫恋」で多くの女性の共感を集めた新子。

 随筆家としても油断ならない観察者でした。

 何気ない描写の中には神戸の街も時折顔を出します。

 神戸の風景を紹介するとともに、句集あとがきの言葉を

 手がかりに川柳の軌跡をたどります。』

http://www.kobebungakukan.jp/#museum-info

 

また新しい切り口の新子展、ぜひお運びください。

 


ヘップバーンカット!?

先週9月30日、

姫路文学館にて時実新子展の記念イベント第1弾が開催されました。

担当学芸員の竹廣裕子さんによる展示解説会です。

 

展示資料についての解説はもちろん、

本展開催にいたるまでの

実に丹念な取材や調査の過程、裏話なども伺うことができました。

場内からは笑いやどよめき、吐息もしみじみの

とっても興味深い1時間半。
 

その中で、ポスターのこの写真のポーズついてもふれられました。

ハイ、当ブログでも話題にした

ナゾのセクシーポーズです。

で、竹廣さんの推理によると

モデルはオードリーヘップバーンじゃないかと。

「ヘアスタイルもローマの休日のヘップバーンカットっぽいですよね」

 

ふむふむ、確かにー(^^)。

そういえばなにかのエッセーにも

「モンローよりヘップバーンが好き」とありましたね。

ちなみに「ヘップバーンと新子さんは同い年」だそうで、

同い年ならではのシンパシーなども感じていたのかも。

 

さて、会期も残すところあと8日。

まだの方はぜひお早めに。

明日は記念イベント第2弾として

玉岡かおるさんの講演会が開催されます♪

http://www.himejibungakukan.jp/events/event/tokizaneshinko-event1/

 


スペシャルな1冊

ただいま姫路文学館にて好評開催中の「時実新子展」。

今回のために上梓された図録も

没後10年ならではのスペシャル版です。
 

 

「川柳界をこえて愛された時実新子の生涯とその業績を 

 10のテーマでたどる」永久保存版。

貴重な展示資料の詳細に加え

俳人・坪内稔典さんや作家・出久根達郎さんの寄稿、

また天根夢草さんへのインタビュー(管理人の聞き書き)など、

見応えも読み応えもたっぷりです。

 

定価600円。お求めは館内受付で。

郵送での購入お申し込みも受け付け中です。

くわしくはこちらまで。

http://www.himejibungakukan.jp/kankou/

 


教えてください

今日はみなさんにちょっとおたずねです。

 

姫路文学館で開催中の時実新子展は

開催前からポスターのビジュアルも話題でした。

2人の新子が、それぞれに水玉を身につけて並んでいます。

再掲しますね。

 

ことに右の新子は、おそらく初公開の写真。

両肘あげて清純セクシー?

クローズアップしますと‥‥

さてこの写真について

先日ある先輩からメールをいただきました。

「このポーズ、今の感覚だと大胆ですけど

 当時は流行ってたんでしょうね。

 私の母の若い頃の写真に

 同じようなポーズの写真があります」

 

えっ、そうなんですか。

 

さらに母君の従姉妹さんたちにも

ドヤ顔でこのポーズをとっている写真があるとか。

 

なんと。

ということはなにかモデルがあるわけですね。

当時の人気女優の真似とか?

「さあ、どうでしょう」

‥‥気になります。

 

時代は違いますが

管理人の幼い頃は、「シェー」のポーズが大流行。

当時の子どもはカメラを向けられると

条件反射的にシェーでした(笑)

ちなみにシェーは人気マンガ「おそ松くん」に出てくる

キャラクター「イヤミ」のキメポーズです。

 

話戻って、時実新子のこのポーズ。

元ネタ?をご存じの方ありましたら教えてください。

ご回答はこちらまで。

http://shinko-tokizane.jp/contact/index.html

 


新子展のもよう、こちらでも

時実新子展、各紙で紹介されています。

記者さんの注目ポイントを読みくらべるのもおもしろいです。

◆朝日新聞

 http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170909001664.html

◆産経新聞

 http://www.sankei.com/smp/west/news/170911/wst1709110013-s1.html

◆毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20170914/ddl/k28/040/473000c

 


新子展の記事、さっそく

姫路文学館で開催中の時実新子展が

9月10日付神戸新聞地域版(姫路)で紹介されました♪

https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201709/0010540057.shtml


| 1/1PAGES |

プロフィール


芳賀博子
元「時実新子の月刊川柳大学」会員
初代管理人・望月こりんさんより引き継ぎ、2014年2月より
担当
http://haga575.com

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

コメント

リンク集

サイト内検索

 

モバイルサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend