珈琲タイム

日本現代詩歌文学館、新年度常設展スタート!

岩手県の日本現代詩歌文学館にて

2020年度の常設展がスタートしました!

 

 

 われ、敗れたり

 ―敗北と失敗、あるいは挫折と復活の詩歌―

 

 会期:2020年3月17日(火)〜2021年3月7日(日)9:00〜17:00

 場所:2階 展示室

 入場料:無料

 展示内容:詩歌人による直筆作品46点。

      エッセイ。インスタレーション ほか

 

 管理人も作品参加しています。

 みなさま、ぜひ。

 

 くわしくはこちら


金曜日の川柳

とってもおしゃれな川柳アンソロジーが出ました!

樋口由紀子さん編著の『金曜日の川柳』

(左右社/1,600円+税)。

 

 

 川柳の三要素「穿ち」「軽み」「おかしみ」と、

 その先へつながる新時代のアンソロジー誕生!

 川柳作家の樋口由紀子が

 時代や流派を超えて読み解いた、珠玉の333句。
 川柳入門に最適な一冊。

        (左右社ウェブサイトより)   

 

時実新子句も収載されています。

ちなみにも拙句も、とPR。

くわしくはこちらまで。


新子花ごよみ #71

 

また春が来る体内の水の音  新子

 

 

 

神戸は雨の「月の子忌」。

時実新子が世を去って13年が経ちました。

 

さて掲句。

「水の音」にみなさんはどんな水、どんな音を

想像されますか。

たとえば体内ではじまった雪解け。

その水がそそぎこむ川のせせらぎとか、

はたまた。

 

いろんなイメージの誘われる1句。

味わいながら自身の体内の水の音にも

耳を澄ませています。

 


新子花ごよみ #70

 

それぞれの役目に雛の指かたち  新子

 

 

 

新型コロナウイルスが猛威をふるい

一体いつになったら

おさまり、終息に向かうのか。

さらにインフルエンザも流行で

各地の小学校や幼稚園では

学級閉鎖も相次いでいるもよう。

それでもご近所さんの女の子は

幼稚園のお友だちと約束した雛まつりを

とっても楽しみにしている様子です。

その先の卒園式も。

さらにその先の入学式も。

 

はやく穏やかな日常が取り戻せるよう

祈るばかり。

とにかくみなさんも

ウイルス対策万全に、

どうぞご自愛ください。


新子花ごよみ #69

 

地図を見る 坂のある町椿の町  新子

 

 

 

 

さてこの町はどこでしょうね。

第1ヒント、坂のある町。

第2ヒント、椿の町。

そして誰を訪おうとしているのでしょうか。

初めて会う人。

あるいはとても懐かしい人かも。

 

いろんなストーリーを想像しつつ

そのいずれにも明るい日差しを感じるのは

「坂のある町椿の町」が

どこか郷愁を誘う

のどかな良き町に思えるから。

 

ともあれ主人公は

いくつかの電車を乗り継ぎ、

もしかしたら船にも乗って

はるばると会いにゆこうとしています。

地図を広げたときから

すでに旅は始まっていますね。


時実新子を読む会

神戸文学館で下記のイベントが開催されます。

ふるってご参加ください。

 

*******************

 

【月の子忌 時実新子を読む】

 

◆と き 2020年3月7日(土) 午後2時〜3時半

◆ところ 神戸文学館

◆講師      八上桐子(川柳人、神戸新聞文芸川柳壇選者)
       妹尾 凛(川柳人)

 

句集「有夫恋」がベストセラーになった川柳作家でエッセイストの時実新子。

川柳界の第一人者であり、長年、神戸新聞文芸の川柳壇選者としても活躍しました。

いまなお、読まれ続けている新子の名句を鑑賞します。
時実新子作品を5年区切りで読み返すコーナーでは、

新子が51歳から55歳までの1980(昭和55)年〜1984(昭和59)年を取り上げます。

神戸新聞カルチャーセンター講師となり、

川柳私史『花の結び目』(たいまつ社)、エッセイ集『新子つれづれ』(たいまつ社)、

『時実新子一萬句集』(木木社)などの著作の発行、講演会活動など、

川柳活動の幅が広がった時期です。
◇ ◇
土曜サロン開催にあわせて「いま、こころにひびく新子の句」を募集します。

あなたの好きな時実新子の川柳1句とコメント(50字以内)を、

senryuso@yahoo.co.jpまでお送りください。

締め切りは2月29日。送ってくださった方には、

「いま、こころにひびく新子の句」を冊子にして進呈します。

土曜サロンの参加者にも配布させていただきます。

 

◆申込み・問い合わせ先 

 神戸文学館

 くわしくはこちら


映画「ずぶぬれて犬ころ」、神戸で上映!

「現代川柳」様より素敵な情報をいただきました。

***********************

 

神戸・元町映画館にて

2/8〜14 10:30〜

昨年、吉備路文学館で新子展と同時開催となっていた

夭折の自由律俳人・住宅顕信を描いた映画『ずぶぬれて犬ころ』が

上映されます。

 

初日上映終了後に監督の舞台挨拶と

2/4までにTwitterで募った自由律俳句の選句発表があります。

各賞には映画の招待券、割引券が進呈されます。

詳細は元町映画館のホームページ、Twitterアカウントにてご確認ください。

皆さま、奮ってご投句、ご鑑賞くださいませ。

 

#元町映画館ずぶぬれて犬ころ公開記念自由律句会

\開催!/

元町映画館のツイッターアカウント@moto_eiをフォローの上、

上記ハッシュタグをつけて、自由律俳句を投稿してください。

 

テーマは自由。今思うこと、見たものなどを、

五七五や季語にとらわれず、

自由に俳句にしてください! 

https://t.co/H80A12p8R4

 

元町映画館のHPはこちら


そなえとう?

先日、神戸の市立中央図書館に出向いたところ

入口すぐの防災コーナーで

こんなポップなカードが

無料配布されていました。

 

 

名刺サイズのカードに書かれている

「そなえとう?」とは

神戸の方言で「そなえている?」の意味です。

裏返すと神戸市による「KOBE防災ポータルサイト」のQRコードが。

 

 

さっそくアクセスしてみると

大人も子どもも、気軽に楽しく防災が学べる情報が

盛りだくさん。

ついゆるみがちな防災意識を

きゅっと締めなおしたところです。

みなさんも、そなえとう?


3人に会える

 

 

NHKサイト内の「NHKアーカイブズ」。

その中の「NHK人物録」のコーナーで

時実新子の動画が配信されています。

 

2013年12月に放映された10分番組「あの人に会いたい」の

ダイジェスト版です。

動画の一部に「川柳大学」編集部の映像があり

夫・曽我六郎さんや

長女・安藤まどかさん(時実新子の左隣)にも会えますので

ぜひアクセスどうぞ。

さてさて今日は新子学長のハッピーバースデー♪

「あの人に会いたい」はこちら


よみうり寸評に登場

読売新聞本日1月17日付夕刊の「よみうり寸評」に

新子句が紹介されました!

 


| 1/40PAGES | >>

プロフィール


芳賀博子
元「時実新子の月刊川柳大学」会員
初代管理人・望月こりんさんより引き継ぎ、2014年2月より
担当
http://haga575.com

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

コメント

リンク集

サイト内検索

 

モバイルサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend